2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人ダリア - 2015.09.02 Wed

IMG_2062daria3.jpg

9月になり、朝晩涼しくなってきました。

芸術の秋です!

昨年の秋に出会った、大人の雰囲気のダリア。

今年はどんな秋になるでしょうか。

楽しみです♪


スポンサーサイト

仲良し! - 2014.01.29 Wed

奈良県今井町にて。

nakayoshi2.jpg


寄り添うように。

火箸(ひばし)の仲良しカップル。

愛こそすべて


人、動物、自然、何に対しても、

「大切に想う」って、素敵なことですね!



ゆっくりの更新になっていますが、いつも応援いただき感謝でいっぱいです。ありがとうございます!

天の川のように - 2013.11.24 Sun

奈良の長谷寺にて。

IMG_6460c.jpg

天の川のように、紅葉の河はさらさらと流れていました。


お寺と紅葉を見ていると、“和”だなあと思いました。

平和、調和・・・日本の“和”の心を大事にしたい

“和をもって貴しとなす”って、聖徳太子さんは飛鳥時代から気づいていたのだから、すごい。


“おもてなし”の心は、普段の心がけですよね。

毎日をていねいに過ごしていこう!と思います



赤のグラデーションに惹かれて - 2013.10.30 Wed

IMG_5699a.jpg

赤い葉のグラデーションがキレイだな~と思って見ていたら、名前が書いてありました。

『ベロペロネ(コエビソウ)』キツネノマゴ科

「ベロペロネ」って、もしかして、葉の下の白いヘビみたいなのが、ベロ(舌)をペロッて出してるからかな?それっぽいよね~と、ダジャレということで片付けて帰ってきたのですが、家に帰って調べたら全然違いました(笑)

「ベロペロネ」はギリシア語の『ベロス(矢)』と『ペロネ(留め金)』に由来し、重なり合った苞部分の形からそういわれているそうです。赤褐色の花穂の形がエビの背中に見えるので、和名が「コエビソウ(小海老草)」とのこと。


だって、口を開けたヘビにちゃんと赤い舌があって、そっちの方が面白いのに・・・と、残念でならない。

しかも、「ヘビ」じゃなくて「エビ」だって・・・確かに、赤い背中がエビに見えるけど。

こんなに赤い葉のグラデーションがきれいなのに、「コエビソウ」。

ヘビがどこにも出てこないのはもったいない気がしますが、『ベロペロネ』という名前は、ちょっとかわいい

どんなときも - 2013.10.23 Wed

IMG_5595a.jpg


雨が降ったり降りそうだったり、青空が見られない毎日ですね。

気持ちがちょっと沈んでしまいそう。

そんなときでも、庭のハイビスカスは底抜けに明るい赤で咲いてくれています!

夏からずっと咲いてくれていて、つぼみもまだたくさんあって、いつ見ても100%超元気!!

強い雨が降る日も、肌寒い日も、家の門の前にくると、「ここは夏の沖縄か」と思うような、濃い鮮やかな赤と緑の色で明るく迎えてくれます。

台風で空が暗い日が続いている今、この明るさに救われる思いがします。

どんなときでも、明るいことは素晴らしい

前向きに考えることで状況が変わることもあるから、どんなときも、良くなると思っていたい。

台風が無事に通り過ぎてくれますように。

ダリア - 2013.10.12 Sat

近くの馬見丘陵公園まで、のんびり散歩。

キンモクセイが香る今が、散歩が一番楽しいとき!

IMG_5541.jpg

現在、馬見フラワーフェスタが行われていて、土曜日の今日は大勢の人で賑わっていました。

メインはダリアですが、コスモスも咲いていて、花や風景の絵を描いておられる方がたくさんいらっしゃいました。


絵を描いてる人がいる光景、好きです。

通りすがりに絵を拝見すると、水彩絵の具でさらさらっと描かれた絵は、淡い色合いの優しい素敵な絵でした。

私もいつか、こういう時間の過ごし方をしたい。

この場所好きだなあという場所にいるとき、自分の存在はなくなっていて、そこの空気の中に溶け込んで、同化しているような感じ・・・一言で言うと、気持ちがいい。

居心地のいいところにいつもいたい。

唐辛子 - 2013.08.19 Mon

IMG_4656b.jpg

庭で収穫された唐辛子。
辛いものを食べて、元気になろう!

昨日は、部屋の模様替えをして、気分爽快です!
新しい気分で秋を迎えられそうです。

昨日、大河ドラマ「八重の桜」を観ていたら、「学ぶ」というのは、本来こういうことなんだと、「学ぶ」の原点を知ったような、目が覚める思いがしました。

学ぶことで、自分以外の人の思いを理解することができる。
自分の狭い視野でものを見ているうちは、何も見えていない。

知識を詰め込む勉強だけでなく、その先にある本当の意味を学んでいきたいと思いました。

ミニトマトくん - 2013.07.04 Thu

IMG_4208.jpg

庭で採れたミニトマト。
2つのトマトを重ねたのではなくて、2つが1つにくっついて、雪だるまのようになっているミニトマトくん。
ヘタのところが蝶ネクタイのようです。

お店では売れないトマトですけど、これも自然の成せるワザ。

「食べるのもったいないなあ・・・飾っとこうか。」

いつもの私のもったいない攻撃に、母はひるまず、
「あかん。飾っておけるもんやったら飾っとくけど。食べといて。」

美味しくいただきました。
そうだよね。やっぱり美味しいうちに食べないとね。

「もったいないから今は食べられへん。」と言って賞味期限をよく切らしてしまう私の習性、
母はお見通しなのでした



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Atsu  

Author:Atsu  
趣味:旅、写真、美術館めぐり

2005年に屋久島を訪れて自然の美しさに感動。
以来、日本の美しい自然やアートを求めて、時々旅に出ています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節を感じるもの (105)
旅 (62)
日々の学び (15)
アート・文学 (20)
日々のできごと (53)
Pink (31)
Purple (10)
Yellow (18)
Green (9)
White (6)
Red (8)
未分類 (14)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。