2013-05

1周年! - 2013.05.31 Fri

長いお休みも、もうすぐ終わります。

1ヶ月の休暇で、一番実感したこと、それは、健康って素晴らしい!ということ。
1ヶ月休んで、わかったことがそれか、言われそうですが(笑)

心身ともに、こんなに空っぽにクリアーになれたのは初めてでした。
心身ともに健康だと、食べ物も美味しいし、見るもの、聞くもの、すべてが透き通って感じました。
心身ともに柔らかいと、素直でいられることを知りました。
余計なフィルターがないので、そのまままっすぐに入ってくるように思いました。

ありのままをそのまま受け入れることが、今までどうしてそんなに難しかったのだろう。
人の優しさや好意がありがたいと素直に思う。
ものごとは、とてもシンプルなのに、難しくしていたのは自分だということ。

したくないことはしなくていい、したいことだけする。
普段はなかなかできないことですが、なるべくそうありたいと思います。


このブログを書き始めて1年が経ちました。
このブログに行き着いてくださった皆様が、またご訪問くださればいいな、そんな想いで書いています。
いつもありがとうございます!
これからも、ほそぼそと書いていきたいと思っていますので、よろしくお願い致します!
読んでくださっている皆様は、本当にあたたかいなあ、ありがたいなあと感謝しています

日を追うごとに、自分は何も知らないということに気づきます。何もできていないことを知ります。
以前は、そんな自分に失望して、がっかりしたりしていました。
今は、知らなかったことを知ったとき、「そうなんだ!教えてくれてありがとう~!!」と感謝と尊敬に溢れます。

毎日、感動しながら進んでいけたらいいなと思っています。
これからも、よろしくお願い致します!


涼やかに - 2013.05.30 Thu

IMG_3516a.jpg

とても暑い日、淡いパープル色の素敵なお洋服を着たクレマチスが、ひなたで「暑い、暑い」と言っているバラの傍らで、涼しげに木陰で休んでおりました・・・。

物語が浮かびそう。
とっても涼やかなクレマチスさんでした。

パステルカラー - 2013.05.29 Wed

IMG_3527.jpg

パステルカラーを、こよなく愛しています。

雨で花が潤うのなら、梅雨もまた良し

みやこわすれ - 2013.05.28 Tue

私は、美味しいものを食べるのが好きだけど、すぐにおなかがいっぱいになってしまう。
旅も、何日でも延長することはできたけれど、3日間で十分に満たされた。
美術館で、1つ好きな作品があれば、他は観なくてもいいと思うくらい、私は1つ良いことがあればそれでいい。
でもまた行きたくなるんだけど。

1つ嬉しいことがあれば、それを大事に持って帰りたい。
いいものを観たな~、いい人に会ったな~と余韻に浸る余白を大事にしたい。

長谷川等伯の余白の美のように、無駄のようで贅沢な余白。

私の休暇もそのように過ぎていく。
旅の3日間以外、人に会うことも、話すことも、街に出ることもほとんどなかった。

IMG_3545.jpg

このお花が気になって名前を伺うと「みやこわすれ」だと教えてくれた。
いい名前・・・。
今の自分のようだ。
私は都を忘れているし、都も私を忘れているだろう。

名前の由来は、鎌倉時代に承久の乱で佐渡へと流罪になった順徳天皇が、庭に咲いている小さな可憐な花を見つけ、「この花を見ていると、少しの間でも都を忘れることができる」と言ったという逸話からだとか。
花言葉は、「しばしの憩い」、「別れ」。

朝の散策 - 2013.05.28 Tue

おはようございます。
朝4時半に起床。朝の散策、始めます!

IMG_3357a.jpg

IMG_3194a.jpg

爽やかな朝!

IMG_3445a.jpg

遠くに、ぼんやり浮かんで見える富士山。
蜃気楼のように、しっかり見え過ぎないところが神々しい。
淡いものに、幻想を抱く。
遠くにあるから、憧れる。

日は落ちて - 2013.05.27 Mon

美ヶ原、遠き山に日は落ちて。

IMG_3335a.jpg

IMG_3312a.jpg

雲が、きれいでした。

IMG_3319a.jpg


風が強くて、寒い!
夜は、気温0度くらいまで下がるそう。

夜になるとシカがたくさん見られるとのことで、夕食後、ホテルの人が星とシカを見に案内してくれる。
夜、ライトを当てるとシカの目がピカーンと光る。たくさんいる。
シカが増えすぎて、食害で木がどんどん枯れているとのこと。確かに木が白骨化している。
美ヶ原の花も、みんな食べちゃうと。

共存するのは難しいけど、共存してほしい。
木にシートを巻くなど、木を守る努力もしてくださっている。
木がなくなってしまうのも、シカがいなくなるのも、花がなくなるのも、どれも嫌だ。難しい問題。
でもそう感じないくらい、お話してくださった方の口調は明るい。この方が明るい方なのだろう。
この方がお話されることは、どんな深刻な話も明るく聞こえる。
明るくいることは、いいことだ

満月に近かったので、空が明るすぎて星が見づらいと。いつもは流れ星も見えるそう
星空観測には明るいのは不向き。

夜の美ヶ原はとにかく寒い。寒い以外の感想が出てこなくなる。
行かれる方は、真冬の装いで(ホテルでコートも貸してくれます)。

ホテルに帰ったら、フロントの優しい笑顔のお兄さんがアツアツの焼き芋を持って迎えてくれた。
至せり尽せり。
どこまでも全力で先回りのサービスをしてくれる。
ここのホテルの皆さんは、心遣いが素晴らしい。

美ヶ原 - 2013.05.26 Sun

美ヶ原に到着。
標高約2000メートル。風が強く、寒い。

IMG_3249c.jpg

美ヶ原からは、日本百名山の半分近くが見えるそうです。
山にぐるりと囲まれています。

IMG_3224c.jpg

平和な光景。

IMG_3187.jpg

美しの搭。
曲線がオシャレ。
ここらへんまでは人がいたのですが、その後、誰にも会わず。
みんな、どこに行ってしまったの?

ポカポカ陽気に見える写真ですが、フリースとダウンジャケットを着ていても、強風で寒い。
こんなに広いところに誰もいなくてさすがに寂しい。
でもせっかくなので、行けるところまで歩こう。

IMG_3263.jpg

王ヶ頭ホテルに向かうバスが来た。
さっきから、このバスの運転手さんしか出会っていない。
通りがかるたびに、優しい笑顔でこちらに敬礼してくれるが、こちらは強風と孤独で、心境としては
なかなか厳しい。
それでも、王ヶ頭ホテルを目指して歩こう。

IMG_3297.jpg

王ヶ頭ホテルに到着。
しかし、宿泊するホテルは王ヶ頭ホテルではなく、山本小屋ふるさと館。
今来た道をまた歩いて戻らなくては!

18時近くになり、月が出てきた。


電車での出会い - 2013.05.25 Sat

旅の2日目は、長野県、美ヶ原へ。

渋川駅から松本に向かう。
バスが想定以上に時間がかかり、思っていた電車に乗れず、長野駅のホームで新幹線待ちをしていたところ、
隣りに座っていたおばあさまに「遠くから来られたんですか?」と声をかけていただいた。

絵を描いておられるというそのおばあさまがとても優しそうだったので、「私も絵を観るのが好きなんですよ~」と楽しくお話していたら、「これ、私の絵です。個展をするんです。」と招待はがきをくださいました。
画家の方でした。

「絵も写真も同じ。私は絵を描き始めてから、写真を撮るのもうんと上手になったんです。私の絵を見て、描いてるものや描き方がこんなにバラバラなのは珍しいと言う人がいるけど、人の心はそのときどきで変わるのだから、同じにはなりません。私は自由に描きます」と。

穏やかに、にこやかに、生き生きと輝くようにお話されるその方にすっかり惹きつけられられ、長い電車待ちだったはずの時間はあっという間に過ぎ、電車がやってきました
もっとお話を聴きたいと思い、
「この電車に乗られますか?私は自由席なんですが、自由席ですか?」
と聞いたところ、

「自由席です。自由でなくっちゃ!

と、それは爽やかな笑顔で電車に乗られました。

「やられた」と思いました。
私はもうすっかりその人が大好きになっていました。

電車の中で、話を聞けば聞くほどすごい方で、海外でも何度も個展をし、来年はパリで個展を開かれるそう。
そして、私がその方に夢中になったのは、画家ということだけでなく、その方の話し方や、雰囲気や、話される内容が、人として素晴らしいと思ったからです。

「私は、人間が大好きなんです

実に純粋で無邪気な笑顔でおっしゃいました。
この方は、本当に人が好きでいらっしゃるのだ。

「私、45歳で初めて絵を描いたんです。続けていたら、何がどうなるかわかりませんよ」と。
そうか~!私も今から何でも始められる!

おばあさまの話に、私達の横並びに座っておられた60歳くらいの女性が興味を持たれ、参加。
昨日のお風呂場と同じシチュエーションだ。

その方は、フラワー関係のお仕事をされている方で、私と同様、おばあさまに夢中になり、「ずっとお話を伺っていたいわ。」とおっしゃっていた。

パワーのある人は、短時間で人を惹きつけるのだ

軽井沢でおばあさまが降りられ、今度はそのおばさまと話を続ける。
その方も、ものすごく上品で感じの良い方で、私はすぐに好きになった。
今度引っ越しするので、家をリフォーム中と。

「素敵なおうちでしょうね~。見てみたいです!」と、“あなたが好き”の気持ちが前面に出てしまっている私に、「ぜひ来てください!電話して」と名刺をくださった。素敵な方は、心が広くて開けている。素晴らしい。

「これも、何かのご縁ね~。」
昨日から、この言葉をよく聞き、まさにそれを実感していた。

朝からこんな素敵な出会いがあるなんて、旅って、すごい。
乗り遅れた電車での出会い。出会いは必然だ。

美ヶ原になかなか着かなくてすみません


旅~その絵に会いたくて~ - 2013.05.25 Sat

旅の1日目は、群馬、伊香保温泉へ。

目的は温泉ではなくて、伊香保保科美術館まで小林かいちさんの絵に会いに行ってきました。
先日、図書館で初めて小林かいちさんの絵を見たとき、旅の行き先はここにしよう!と即決しました。
以前、軽井沢まで千住博さんの絵に会いに行ったときと、同じ気持ちです。
(軽井沢の旅の話はこちらに書いていますその場所の空気感

小林かいちさんについては、まだわかっていないことが多くて、謎の多い幻の画家と言われているそうです。

suzurantoonna.jpg
(「伊香保保科美術館」HPより)

絵葉書や絵封筒のデザインを主に描かれていた方なので、作品はどれも小さいけれど、デザインも色使いも、
1つ1つがとても丁寧に描かれていて素敵なんです!

伊香保温泉まで、奈良から5時間半かかりましたが、素敵な作品をたくさん観ることができて、行ってよかった。
こんなに素晴らしいデザインを描かれる方が、あまり知られていないのはもったいない!
当時の女学生にも、小林かいちさんの絵封筒は大人気だったそうですが、今でも、ほとんどの女性は憧れると
思うので、もっと多くの人が知ってくれたらいいなと思います。

ちょっと遠いけど、関西の方にもぜひ行っていただきたい美術館です。

hashitofune.jpg
(「伊香保保科美術館」HPより)



小林かいちさんの絵を観て、もう伊香保の目的は果たしたのですが、伊香保の街を知るために石段街へ。
水曜日は定休日のお店が多いのか、お店はほとんど閉まっていて、観光客も少なく静かでした。
きっとライトアップしないと伊香保温泉の情緒は出ないんだろうなと思って、18時くらいまでいましたが、
まだ明るかったので、伊香保のライトアップはあきらめて宿へ。

とても良心的な小さな宿で、料理はフレンチ
シェフのおすすめ三種ワインをいただいて、ほろ酔いでお風呂へ。(←危険です)
伊香保温泉は、茶色い色をした「黄金の湯」と、透明な「白銀の湯」があります

お風呂で、とてもさわやかでチャーミングな60歳台の女性の方と山と旅の話で盛り上がり、すっかり意気投合。
山と旅と写真が好きと。一緒じゃないですか~!
ひとり旅で出会う人は、いつも驚くくらい感性が近くて楽しい。

その方のお友達も含めて3人で旅の話をしていたら、80歳くらいのおばあさまも登場し、すんなり即参加。
旦那さんが写真教室の先生で、撮影会の下見で来られたとのこと。やはり写真好き

皆さん、目を輝かせて語ってくれる
「次、どこの山に登ろうか考えるのが楽しくて!」とおばさま。
「50歳になってピアノを始めたのよ。楽しく生きなきゃ!」とおばあさま。

1時間半くらいお風呂で話し込む。こんなに長風呂したのは人生で初めてだ。
「これもご縁ね~。こういう出会い、いいわね~。」とおばあさま。本当に、そう思う。
ずっと話を聞いていたいけど、次の人がやってきたので退出。

最後に、脱衣所でおばさまが、にっこり笑って私に一言、
「年をとるのは、楽しいよ!

なんて素敵な一言だろう!
そんなに楽しいなら早くその年になりたいと思えるほどだ。
未来に希望を感じる。

私はやっぱりあなたが好きだ~
最初に目が合った瞬間、この人好きだと思ったけど、そのとおりの方でした。
出会えてよかった。

「どこかの山で会えたらいいね~
本当に、また会いたい。
素敵な方々と楽しい時間を過ごせたことに感謝!
旅はやっぱり面白い。

ちなみに、伊香保の写真はありません


旅へ - 2013.05.20 Mon

ようやく、私も旅立ちます

明後日から、群馬、長野に行く予定です。
宿も何もとってないんですけどね。

明後日なのに、何も決めてないって、今まで何やってたんだって思いますけど、
案ずるより生むが易しということで、何も決まってないまま行っちゃいます。

車の免許も持っていない私は、電車とバスの運転手さんだけを頼りに旅してます。
今回は、どんな素敵な場所に連れて行ってくれるでしょうか。

楽しい出会いがあるといいな~。

帰ってきたらご報告しますね(いつ帰ってくるかも未定ですけど)。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Atsu  

Author:Atsu  
趣味:旅、写真、美術館めぐり

2005年に屋久島を訪れて自然の美しさに感動。
以来、日本の美しい自然やアートを求めて、時々旅に出ています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節を感じるもの (105)
旅 (61)
日々の学び (15)
アート・文学 (20)
日々のできごと (53)
Pink (31)
Purple (10)
Yellow (18)
Green (9)
White (6)
Red (8)
未分類 (14)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる