2015-09

ルーブル美術館展 - 2015.09.30 Wed

京都市美術館に『ルーブル美術館展』を観に行ってきました。

1番人気は、左端のヨハネス・フェルメールの『天文学者』です。

IMG_7243kyoto.jpg

「天文学者」という知的な職業に知的な風貌。フェルメールの絵の中でも有名な絵のひとつですが、初来日だそうです。

“絵”という感じがしない、不思議な空気感のある作品でした。
研究に没頭している天文学者さんのお仕事の邪魔をしないように、私達が遠巻きにそっと見学しているような、静かな絵。


そして今回私が、いいなあと思ったのは、こちら。

カミーユ・コローの『コローのアトリエ』。

コロー1

こちらも、アトリエという知的空間でのひとときを垣間見ているような作品です。
アトリエに入った女性が、「まあ、なんて素敵な絵でしょう。」と見入っている場面でしょうか。


どちらもとても真面目で、誠実な作品という印象をもちました。
フェルメールも、コローも、そういうものを大切にされている方なのだろうと思いました。

コローの絵は、どの作品も抒情的で美しく、気品や優しさを感じます。


フェルメールのように、子供が14人もいて決して裕福ではない生活の中で、このような丁寧な仕事をされていることに敬服します。本当にいい絵を描きたくて、どうしたらより写実的に美しく描けるか、工夫を重ねていることが伝わってきます。

真面目に誠実に。

どんな状況においても、それができる人は素晴らしいと思います。

天文学者が研究に夢中になっている姿を描いたのは、フェルメールが絵画技法を試行錯誤する自分と重ね、かくありたいと思っていたからでしょうか。

美や知を追求することは、追求するほどに苦しみや悩みも生まれるのではないかと思いますが、追求することをやめて、易きに流れた瞬間にすべてが無になってしまう気がします。

美を仕事にすることは、それほどに大変なことであり、価値あることであり、誰にでもできることではない。その努力は、はかり知れないと思います。




ちいさな秋の宝箱 - 2015.09.19 Sat

IMG_7116aki.jpg

ちいさい秋、みつけた♪

職人技のような細かい網目と、その中にある橙色の玉。

繊細な宝箱を守るように、いろいろな草たちが周囲を覆って隠していて、その間からそっと撮らせてもらいました。

秋は、美しいもので溢れていますね。



朝晩、涼しくなってきましたので、衣替えをしました。

あったかい生地の服を出して、アイロンをかけて、クローゼットにしまう・・・そんな時間が結構好きです。

いつ寒くなってもいいよ、そんな心の余裕が生まれるようで、冬支度は、ちょっと幸せな気持ちになります(^o^)



Wedding! - 2015.09.15 Tue

大学時代の友人の結婚式に出席しました。

せっかくの機会なので、こんなときにしか撮れない、幸せな写真を撮ろう!とカメラを持参したものの、載せられる写真がほとんどなくて・・・。

よろしければ、料理長の炎のパフォーマンスを^^;


IMG_7174kekkonshiki.jpg

これが・・・

IMG_7175kekkonshiki.jpg

こうなりまして・・・

IMG_7178kekkonshiki.jpg

こうなりました(^-^)



・・・いやいや、これでは終われないので、結婚式らしい写真を探して、探して・・・


IMG_7161kekkonshiki3.jpg

お幸せに♪


幸せな笑顔って、いいですね。(笑顔、写ってないけど)

「白鳳」~花ひらく仏教美術~ - 2015.09.09 Wed

今日は、奈良国立博物館で開催されている、「白鳳」~花ひらく仏教美術展~に行ってきました。

「白鳳」とは、「飛鳥時代」とも「奈良時代」とも違い、7世紀半ばから都が平城京に遷った710年までの時期をさす言葉として、美術史学や考古学を中心に用いられてきたそうです。


今回、私が一番印象に残ったのは、こちらの2つです。

hakuho_11.jpg
国宝 阿弥陀三尊像〈伝橘夫人念持仏〉 (奈良 法隆寺)


会場では、仏像と、後ろの背景の衝立と、下の池の3つをバラバラに分けて展示されています。

何に驚いたかというと、写真では見えないのが残念なのですが、下の池の水のデザインが素晴らしいのです!ぜひ実物を見ていただきたいです。
水の流れがとても斬新に表現されていて、“琳派”につながるのでは、と思わせるデザインでした。


hakuhou_top_20150909180832738.jpg
国宝 聖観世音菩薩立像 (奈良 薬師寺)


写真は「聖観世音菩薩立像」ですが、 私が好きなのはこちらではなくて(似ているのですが)、薬師寺のもうひとつの像「月光菩薩立像」です。とくに後ろ姿が美しくて、本当に素晴らしいです。

「背中で語る」と言いますが、がっしりとしていながら、しなやかな曲線の背中を見ていると、すべてを任せて安心できるような、「大丈夫!」という気持ちになるのです。
昔から、こうしてたくさんの人が癒されてきたのだと思いました。

今回、特別な展示で後ろ姿を拝見することができたのですが、普段は背後に光背があって後ろを見ることはできないとのこと。とても貴重な後ろ姿でした。
こちらもぜひ会期中に見ていただきたいです。


奈良国立博物館「白鳳」~花ひらく仏教美術~
会期:7月18日(土)~9月23日(水)

皆さん、奈良に遊びに来てください。奈良公園で鹿さんも待ってます(^o^)/

芸術の秋、いいものをたくさん見に行きたいと思います。
いいものは、見ていて気持ちがいい!


大人ダリア - 2015.09.02 Wed

IMG_2062daria3.jpg

9月になり、朝晩涼しくなってきました。

芸術の秋です!

昨年の秋に出会った、大人の雰囲気のダリア。

今年はどんな秋になるでしょうか。

楽しみです♪


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Atsu  

Author:Atsu  
趣味:旅、写真、美術館めぐり

2005年に屋久島を訪れて自然の美しさに感動。
以来、日本の美しい自然やアートを求めて、時々旅に出ています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

季節を感じるもの (105)
旅 (61)
日々の学び (15)
アート・文学 (20)
日々のできごと (53)
Pink (31)
Purple (10)
Yellow (18)
Green (9)
White (6)
Red (8)
未分類 (14)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる